ぼっちぼちの旅日記

各地の鉄道の懐かしい思い出を写真と共にたどります 。

カテゴリ: 山形交通

1970年の8月には東北地方に1週間の鉄旅i出かけています。
この旅から旅日記を付け始めているので、
いままでより少しだけ詳しい情報を書きこむことができると思います。

また、今回のカラー写真は2018年12月30日に投稿したものと同じですが、
複写するカメラを変更したので、少しだけ鮮明な写真を残せると思いリキャストします。

山形交通尾花沢線は訪問日よりおよそ一か月後の1970年9月10日に廃止されています。
山形交通尾花沢線さよなら記念乗車券-1

東京からは405レ(津軽3号?)のスハフ422133で大石田まで行っています。学生の分際では寝台車には乗れず、約8時間座席に座りずめです。このころは、それが極、普通でした。

大石田駅に停車する尾花沢線の列車です。
pc197001z-1077-1-1-1

pc197001z-1079-1-1-1
この列車で尾花沢に行ったのでしょう。

尾花沢駅に着いて、機関車は大石田側に回されます。
pc197001z-1081-1-1-1

機関車の後ろに見える機関庫には、もう一台のDBと客車が格納されていました。
nm197012z-1065-1-1-1
ハフ2は元神中鉄道のキハ32です。


機関車が大石田側に連結されて出発を待ちます。

nm197012z-1051-1-1-1
nm197012z-1055-1-1-1

この駅舎はとても雰囲気が良いので道路側からも撮影しています。
nm197013z-1094-1-1-1

そして大石田に向かって出発。
pc197001z-1084-1-1-1

ほどなく大石田から戻ってきました。
pc197001z-1086-1-1-1
pc197001z-1088-1-1-1

大石田に戻って車輛の写真を撮影しました。
ハフ4です。
nm197013z-1096-1-1-1
ところが、この客車の形式表示はハフ1でした。
nm197013z-1098-1-1-1
ハフ4は元近江鉄道のクハ24で高畠線のクハ1と同系車だそうです。
台車も元電車を感じさせませんか?

ハフ3です。
nm197013z-1100-1-1-1
こちらは元西武クハ1111形。元電車ですが、台車は気動車のようです。

DB151
nm197013z-1102-1-1-1

最後に名残惜しく大石田で列車を数枚撮影しています。
nm197013z-1104-1-1-1

nm197013z-1108-1-1-1

nm197013z-1110-1-1-1

尾花沢線の撮影を終え、445レにて湯沢に向かいました。昭和46年の時刻表では大石田発7:28となっていますから、
1時間半くらいで撮影を終えたようです。
乗った客車はオハフ332511と記録されています。

では、ぼっちぼちと。





今年(2018年)秋に地方鉄道の写真展を見に行って、久しぶりに大きく感動しました。
そこで、順番通りではないのですが、東北地方の地方鉄道の思い出をご紹介します。

今回は山形交通尾花沢線。訪問した日の一ヶ月後の1970年9月10日に廃止となっています。

まずは、奥羽本線大石田駅の山形交通尾花沢線のホームです。
すでに「銀山温泉」の広告が落ちてしまっています。
イメージ 1

イメージ 2

とても小さなディーゼル機関車が客車2両と貨車1台を引っ張っていました。

この列車に乗って尾花沢駅に行ったようです。
尾花沢駅です。
イメージ 3

後の小さな車庫にもう一台のディーゼル機関車が休んでいたのでしょう。

大石田に戻る列車を見送りました。
イメージ 4

そして大石田から来る次の列車を撮影しました。
イメージ 5

イメージ 6

ディーゼル機関車は、DB151かDB152、客車は、ハフ3とハフ4、貨車はワフ1だと思います。

では、来年も、ぼっちぼちと。

↑このページのトップヘ