セミ版で次の目的地の写真をスキャンしようとしたら、
その前に小海線のC56が写っていました。
山や線路端の雪の状態を見ると3月か4月頃です。

撮影地をネットで調べたのですが、どうも一カ所で撮影したのではなく、
複数の撮影地で撮ったようです。列車の追っかけをしたのでしょうか。
学生のご身分で車を持っていた友人がいたのかな?と不思議なのですが、
とりあえず掲載します。

初めの2枚は千曲川沿いかな。
sm197001z-4302-1-1-1

nm197018z-4306-1-1-1

この列車を清里まで追っかけたようです。
国鉄最高地点です。
nm197018z-4308-1-1-1

後ろに見える2本の柱は清泉寮に行く道の両側にあるもので、
ストリートビューを見ると現在も立ってます。
nm197018z-4310-1-1-1

最後は小海線の超有名お立ち台の大門沢橋梁です。
nm197018z-4313-1-1-1
この時から天は私にほほえんでくれなかったようです。
でも、C56のシルエットだけでも撮れたので「良し」としましょう。

気動車が通過する頃には、見事に八ヶ岳がその稜線を見せてくれました。
ご指摘いただいたので再度写真を調べたら希少種が写っていましたので追加します。

キハ10系の2個エンジン車キハ51とキハ55系の格下げ普通車キハ26 300番台です。
nm197018z-4314-1-1-1

こちらはご指摘いただいたようにキハ52重連と記載しました。
nm197018z-4316-1-1-1

でも、八ヶ岳はいつも見事です。

次からは長が~い撮影旅行が始まります。

では、ぼっちぼちと。