ぼっちぼちの旅日記

各地の鉄道の懐かしい思い出を写真と共にたどります 。

2021/6/19編集
①2010年の高森駅のC12をひとつ前のブログに移しました。
②延岡機関区→南延岡機関区 誤記訂正です。
③南延岡の写真を2枚追加しました。

高千穂の大和屋YHに一泊して、朝から高千穂峡を巡りました。

ここだけは見逃せない真名井の滝。
pc197003z-5327-1-1-1

定年後に高千穂を再訪した時の真名井の滝です。
DSC_0915-1-1-1
                         May  7th, 2010
この時は水が少なかったようです。でも神秘さは変わりませんでした。

もう一つの見どころは高千穂峡にかかるアーチ橋。

pc197003z-5953-1-1-1

こちらは2010年の写真。
DSC_0962-1-1-1
                           May  7th, 2010
平成15年に三つ目のアーチ橋が完成したので、それ以来「高千穂三橋」
と呼ばれているそうです。

高千穂からバスで日ノ影へ。そこから延岡に出ました。
pc197003z-5329-1-1-1
日ノ影駅は山間部ののどかな駅でした。

途中駅でC12に遭遇しました。
sm197002z-4347-2-1-1

そして南延岡に到着。
D51やハチロクがきれいに整備されていました。
sm197002z-4354-2-1-1

pc197003z-5348-1-1-1

pc197003z-5350-1-1-1
黒光りしたキャブに形式入りのナンバープレートが良く似合いました。


sm197002z-4356-2-1-1
ハチロクで斜めに切られたデフを付けているのは珍しいのではないでしょうか。

こちらは2010年に高千穂の「トンネルの駅」で展示されていたハチロク、
門デフを付けていました。
DSC_0897-1-1-1
 48647                 高千穂 トンネルの駅
                                 May  7th, 2020

南延岡のホームでは宮崎機関区のC57に会いました。
pc197003z-5353-2-1-1

この後、宮崎まで行き、YHで一泊しています。

翌日はどこに行ったのでしょうか?

ぼっちぼちと。

熊本電鉄を見学した後、豊肥線で立野まで行きました。
sm197002z-4340-2-1-1
豊肥線のシェルパ9600がお出迎えです。

この後、ロープウエイに乗り、阿蘇山中岳で火口から登る噴煙を見ています。
pc197003z-2854-1-1-1

その後、立野に戻って高森線に乗車しています。
客車の最後部には若い旅行客の姿が。客車の最後尾は展望車でした。
sm197002z-4342-2-1-1
良く見ると「高森方面 0番のりば」と書いてあります。
C12は逆向き運用です。

旅日記には、「ドラフトと汽笛が山々にこだまして最高だった」と書いてありました。
その強い思いがあり、後年、再訪しています。

そして、高森に到着。
sm197002z-4344-2-1-1
阿蘇山は雲に隠れ、うっすらとしか見えません。
再訪の思いは阿蘇山をバックにしてC12を撮りたいと言う思いもありました。

また、良く見るとC12の番号はC12222と読めます。
C12222は、現在、JR小倉工場に静態保存されているそうです。

2010年に高森駅を再訪した時に見たC12です。
C5765から譲り受けた門デフを付けていました。
今は直方市のNPOが譲り受け保守整備を進めているそうです。
DSC_0866-1-1
C12241                                                                 南阿蘇鉄道 高森
                        May  7th, 2010
2010年の九州探訪の旅はこちら。
2010年 春 九州探訪の旅③[高森駅のC12] 2010年5月7日 : ぼっちぼちの旅日記 (livedoor.blog)

ここからバスに揺られ高千穂に着いたのは夕刻でした。

では、ぼっちぼちと。

熊本市電を見た後は熊本電鉄に行きました。

現在の駅記号を見ると上熊本が起点になっているようですが、
運用上は藤崎宮前が起点となって、終点の菊池まで走っていたようです。
駅時刻表を見ると今もそのようです。

この日も藤崎宮前から撮り始めています。

pc197003z-5334-1-1-1
クリームと赤の配色が良いですね。101形はオリジナル車両のようです。

次は、Wikiによれば、モハ54。でもモータが載っているようには見えません。
pc197003z-5335-1-1-1


pc197003z-5337-1-1-1
この車両はホハ58ですから、前の写真もホハなのかもしれません。

モハ301形。元小田急1100形とのことです。
pc197003z-5338-1-1-1

さらに、モハ71。
pc197003z-5340-1-1-1
モハ71は元国鉄90形で、現在も車籍はないものの、旧塗色に戻されて
今も北熊本工場で入替用に使用されているとのことです。

ここから北熊本まで移動していました。時間があれば工場で車輌を撮影
したのでしょうが、この日は先を急いでいたので、
撮ったのは有蓋車掌車だけです。
pc197003z-5342-1-1-1
旅日記には、軌道幅1067mmなのに、この大きさのボギー貨車を見て
興奮していました。

この後、モハ72で上熊本に戻っています。この車両は広島で被爆したそうです。
pc197003z-5341-1-1-1

戻るときに車窓から北熊本駅を撮影しています。
pc197003z-5343-1-1-1

pc197003z-5344-1-1-1
けっこうたくさんの車両が並んでいました。
右端にタンク車が見えます。Wikiには載っていませんでした。

上熊本は、モハ72の似合う小さな駅でした。
pc197003z-5346-1-1-1

熊本電鉄は私好みの小さな地方鉄道でした。

さて、ぼっちぼちと先を急ぎます。



↑このページのトップヘ