ぼっちぼちの旅日記

各地の鉄道の懐かしい思い出を写真と共にたどります 。

小泊から金木までバスで来て一泊しました。

斜陽館に泊ったかどうかは旅日記には書かれていません。
でもお茶くらい飲んだ記録がかすかに残っています。
一応、小説「津軽」に影響されて、龍飛、小泊を訪れたのですから。

金木駅です。

nm197014z-2235-1-1-1
今は瀟洒な駅になっていますが、この時は雪にも風にもつぶれない
頑丈な駅でした。

金木では岩木山を遠く望んで2本の列車を撮っています。
pc197002z-2075-1-1-1

pc197002z-2083-1-1-1

pc197002z-2079-1-1-1

旅日記には、「中里行きはDC単行だが、五所川原行きは
DL+ホハ+ホハ+オハ+オハ+オハとご立派な編成」と書いています。
(客車の形式は五所川原で間違えに気づきました)

そして、この2列車だけで津軽鉄道の全形式が撮れてしまいました。

この後、キハ24024+ナハフ1201で五所川原まで行きました。
途中で見た岩木山。美しい山で文字通り「津軽富士」です。
pc197002z-2102-1-1-1

五所川原では車両たちを撮影しています。
初めに、ナハフ1202。元西武鉄道の151系です。
pc197002z-2086-1-1-1

つぎにキハ2403。キハ24000形が導入されてからは、
客車として使用されていました。
pc197002z-2094-1-1-1

オハ313です。オハ31は3台いましたが、中ほどのオハ311は国鉄時代
の形に復元され、大宮の鉄道博物館で展示されています。
また、オハ31はストーブ列車なのですが、夏季のためストーブが
外されているのでしょうか、ストーブの煙突は見られませんでした。
pc197002z-2098-1-1-1

DD351です。
pc197002z-2088-1-1-1

DD350形は2台いて、いまだに現役だそうです。
もう1台のDD352です。現在はこちらばかりが動いているようです。
DD51を思わせる面構えですね。
nm197015z-2256-1-1-1

単行で走っていたキハ24024です。
pc197002z-2092-1-1-1

最後に、雪かき車のキハ101。この車両もいまだに現役だそうです。
pc197002z-2096-1-1-1
これにて津軽鉄道の撮影を終わり、1727D(キハ17370)にて
弘前に向かいました。

折しも五所川原駅では1730レのミキストに遭遇しました。
nm197015z-2280-1-1-1

では、ぼっちぼちと。






当時の旅の雑誌に「龍飛-小泊20km 道なき道を行く」なんて感じの記事が載っていました。

当時の地図を見ると、龍飛-小泊間を直接結ぶ道はありません。
今は、国道339号線が海岸線沿いではありませんが通っています(1984年開通)。
地図の一番上が竜飛岬、下が小泊港です。
竜飛小泊1-1-1-

本当に道がないのは袰内(ほろない)-横泊間です。
(しかし、現実には傾り石(かたがりいし)の数km手前までは
道がありませんでした)
竜飛難所-1-1-1

まだ若い時分でしたから、海岸伝いに行けばなんとかだろうと、
プチ冒険にチャレンジしました。

冒険前日に三厩駅に到着、バスで龍飛に向かいました。
nm197014z-2220-1-1-1
龍飛に一泊して、まずは龍飛岬に向かいます。
旅館のおやじ様に「小泊まで歩く」と言うと即座に「危ないからやめとけ」と
止められましたが、私がキャラバンシューズを履いているのを見て、
「大丈夫かな、難所は横泊の先4kmくらいのところにあって、崖の直登は避けて
相当前より山に入れ」と忠告をいただきました。

龍飛岬です。後ろに見えるのは北海道です。出発時刻7:45。
pc197001z-2090-1-1-1

ここからら袰内に向かう途中で青函トンネル工事用の宿舎を見かけました。
雪と風がきついのでしょう。シェルターのような頑丈な作りです。
nm197014z-2228-1-1-1

龍飛灯台です。後ろに見えるのは目的地の小泊岬です。
pc197001z-2047-1-1-1

袰内です。ここから海岸沿いに歩きます。通過時刻8:25。
この先に人家は見当たりません。
pc197002z-2051-1-1-1
砂浜を歩き岩場を越えていきます。
pc197002z-2053-1-1-1
燕の滝です。旅日記には、「岩登りが厳しい、本当に小泊までいけるのかよ。
ここで大休止」と、すでに弱音を吐いていました。通過時刻9:25。
この滝はネットにも載っていますが、今でも袰内から歩くしかないそうです。
pc197002z-2058-1-1-1

燕の滝から海岸段丘の上に上がります。
pc197002z-2060-1-1-1
そしてまた海岸に降りています。この海の色が津軽の海です。
浮かんでいるのはウニ漁の船でしょう。そろそろ横泊です。通過時刻10:45。
pc197002z-2062-1-1-1

横泊の先に分岐点がありました。でも地図上には示されていません。
上に行くと山、横泊は左、小泊は右です。
pc197002z-2064-1-1-1
そして最大の難所です。通過時刻11:45。
旅日記には、「もうすぐ林用鉄道、その前にすごい山登りがまっている」と
書いています。崖の高さは身長から推定して約7m。よじ登るだけです。
nm197014z-2232-2-1-1
旅館のおやじ様が忠告したのはこの崖だったのですね。
しかし、目の前に迫っていては直登するしかありませんでした。

記憶では、崖の上は草原で牛が放牧されており、クマよけ鈴を止めて
牛と目を合わせないようにしてひたすら歩いたと記憶しています。

この後、旅日記の記録「道があった」通過時刻12:15。
(たぶん傾り石の数km手前)

旅日記の記録「林用鉄道」 通過時刻13:12。林用鉄道はネットによると、
小泊から海岸沿いに「傾り石」まで来ていたようです。
記憶では林用鉄道の廃線跡には線路はないものの枕木が残された区間も
あったように覚えています。今思えば「廃線跡を撮っておけばよかった」、
ですが、歩いている時はそんな余裕はありませんでした。

七つ滝です。7段の滝になっていて冬は海風によって滝が凍りつくそうです。
現在は国道339号線の脇にあり、車中から見られるそうです。
pc197002z-2067-1-1-1

小泊集落の前の岬から歩いてきた海岸を振り返りました。
突端が竜飛岬でその後ろは北海道です。
pc197002z-2069-1-1-1

小泊集落の手前に「小泊海岸林道竣工記念碑」(林用鉄道)が
立っていました。ネットを調べてもヒットしないので、撤去されて
しまったのかもしれません。
pn197002z-2071-1-1-1

ようやくバス艇につきました。
上に見えるのは津軽凧の一部でしょう。
pc197002z-2073-1-1-1

到着時刻15:10。
龍飛-小泊踏破のプチ冒険がようやく終わりました。所要時間7時間25分。
ふ~、しんどかった。

この後、バスで金木に向かいました。

では、ぼっちぼちと








OER3001氏様のブログに小田急線代々木上原駅界隈の写真がアップされていました。

その中の数枚を見て、「アレ、この風景どこかで見たことがある」と思い、
スキャン済みの写真を検索したところ、「高島線さよなら列車②」の後ろのコマに
写っていたではありませんか。

そこで、勝手にコラボさせていただきました。こちらの方が1年半くらい早いのかな。

小田急の販売店の全景がはっきり写ってます。
197031z-1825-1-1-1


神戸銀行の名称も時計にはっきり写ってます。
197031z-1827-1-1-1

ちなみにネットで調べたところ、1970年の10月10日は天気は晴れ、
11日は雨でしたので、高島線さよなら撮影の初日は10月10日、
二日目は11日と言うことが判明しました。

先のブログはそのうちに訂正しておきます。

では、ぼっちぼちと。

↑このページのトップヘ